nature and music

私のギター遍歴第3話


予備校に通う為に持って行ったもの
スズキT-250とヤマハFG170でした。

e0275078_08421922.jpg
            (当時の私 自宅近くにて)

岡山市浜本町にある共同アパートに浪人生10人ほで
共同生活をすることになりました。

その予備校は今では岡山を代表する企業になっている会社が
予備校に参入した第一期生にあたりました。

食事 風呂 トイレは共同で狭いベッドと机の部屋が私の城になりました。
そこで今治から来た浪人生でギターと歌の上手い友達Y君に出会い 浪人生で
ありながらグループを組み一緒に歌い演奏をしました。
その彼は南こうせつのような甘い声でかぐや姫などを熱唱していました。
私は相方としてリードギターを担当して得意げにギターを弾いていました。

この頃になるとY君のオリジナル曲なんかを適当にリードを入れて
オブリガードなるものもなんとなく弾けていたように思います。
なにせしがない浪人生でしたが、勉強疲れの気分転換にやっていたような
気がします。
バンド名は陽炎(かげろう)だったと思います。
e0275078_08424863.jpg
   初めてのグループ(当時デュオとか言わなかった)で演奏中
   のY君と私(右側) 多分ヤマFG170 手前はFG160かな・・・



その頃ちょうど世間ではかぐや姫の3階建ての詩 というアルバムが出て
フォークブームはますます加速していました。
22才の別れを夢中になって弾いていました。
e0275078_13251936.jpg
それと並行してディランⅡなどのマイナーなフォークシンガーも結構聴いていました。
高田 渡 シバ 加川 良 みなみらんぼう 西岡恭三 
e0275078_13263862.jpg
         高田 渡
  
e0275078_13250795.jpg
        シバ

e0275078_13244573.jpg
       ディランⅡ

まるでスポンジが水を吸収するように音楽をむさぼった時期でした。

そして1年限りの岡山生活は翌年花の都東京へと生活を
移す事になりあわただしく終わりをつげました。

東京の大学生活は暇を持て余し・・・軽音楽部に入っては見たけれど
へたくそな演奏ばかりする偉そうな奴ばかりで三日で退部し
もっぱら神奈川県大和市のアパートでギターをかき鳴らしていましたが、
夏休みにアルバイトをして大阪の三木楽器にギターを買いに行きました。

当時は岡山にも三木楽器は支店があり叔母が勤めていたこともあり
口利きで少し安くしてもらいヤマハFG600Jと言うのを買いました。
当時6万円で多分4万ちょっとぐらいで買ったので凄いお得感がありました。
e0275078_13265808.jpg
e0275078_13262493.jpg
     (写真はイメージです)
実はこの時ヤイリの7万を薦められたのですが、余り安くならないので
買いませんでした。とても良い音がしていました。

この頃はブルースが好きになり…と言っても本格的なものではなく
日本のシバや豊田勇造なんかをコピーしていました。

当時はカセットテープが主流になりつつあったが
まだオープンデッキが高級録音機としてメーカーも発売をしていました。
中古で買ったSONYのオープンデッキ TC9400
これをギターの練習に役立てていました。
e0275078_09560647.jpg
一人で循環コードを約3分ほど録音します(C Am F G7とか)
それに合わせてリードギターの練習をします。
何故かリードを弾く人達はカポをしないです。(特殊な場合を除き)
そういう意識でサイドギターはカポでkeyをD,E,F,Gと上げて行き
リードギターはフレットを移動させて練習しました。
スケールなんて言葉も良く知らない頃にそうやってギターを
練習して録音していました。
それを聴くと音が合わない箇所や決まったコード
(keyCの時のFのコードの時)しか使えそうにない音とか
分かってきて自分でスケールを知らないままに覚えて行きました。
とは言ってもメジャースケールとペンタぐらいでしたが・・・


1年生の秋ごろ和歌山県の高野山大学に行っている友達から
演奏に来てほしいと言う手紙が届き(手紙のやり取りが懐かしい・・)
Y君は大阪の大学に行っていたので 泊めてもらい
陽炎(かげろう)として9月の文化祭に一緒に行くことになりました。

フォークソングはY君の歌で中々の雰囲気で終わりました。
共演した有名なロックバンドはロックンロールで盛り上がり
大盛況の文化祭でした。

この大学はお察しの通りお坊さん養成学校ですが、中には福祉科もあり
お寺の子供たちだけでなく一般の生徒さんも結構いました。
お泊りはそのバンドと隣り合わせの宿坊でした。
e0275078_10274209.jpg
こんな感じの宿坊です。(写真はイメージです)

私たち以外広い宿坊には誰もいなくて・・静まり返っていました
食事は台所にカレーが用意してあって自分たちで温めて食べました。
二組だけの静かな夜は音楽談義で更けて行きました。

私にとっては初めての大きなステージでの演奏で興奮して
寝つけなかった事を思い出します。

その半年後 Y君との演奏をアパートの知人に聴かせたところ
その彼の友達でFM東京の局長が気に入っているから・・・
と言う事でY君に東京に来てもらいFM東京で聴いてもらう事になりました。
一生懸命演奏しましたが、結局何の連絡も私にはなかったです。
ひょっとしたらY君の歌がお気に入りだったのでそちらにあった
のかもしれません・・・ちょっと辛かったかな

その後彼は宗教に目覚め危うく私も大勢に囲まれ勧誘されましたが
頑張って難を逃れてから 連絡は途絶えました・・・

大学二年生の暑い夏の頃に陽炎(かげろう)は消滅しました。  
                     (つづく)








by misty_jazzlife | 2017-02-17 10:57 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


釣りとJazzと山野草と蝶
by misty_jazzlife
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

フォロー中のブログ

最新のコメント

> 一観客さん まあボ..
by misty_jazzlife at 08:45
ハマちゃんお疲れ様でした..
by misty_jazzlife at 20:48
この間バンマスご苦労様で..
by バンマス at 14:21
コメントありがとうござい..
by misty_jazzlife at 08:34
先日のソロギターライブの..
by mifu at 18:07
potatoさん ありが..
by misty_jazzlife at 16:46
浜ちゃん コメントありが..
by misty_jazzlife at 09:13
確かにそぉいう人多いなぁ..
by 浜ちん。 at 16:26
ハマちゃんお疲れ様でした..
by misty_jazzlife at 08:47
いやー楽しかったでんなー..
by ハマちん at 11:43

メモ帳

最新のトラックバック

箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

Carry on
at 2017-07-19 16:20
Cute
at 2017-07-10 11:41
Whisper not
at 2017-07-05 11:57
Here that rain..
at 2017-06-26 15:23
Fullhouse
at 2017-06-20 17:06

外部リンク

ファン

ブログジャンル