nature and music

On the street where you live (君住む街角)

先週からやや暖かい日が多くなってきました。
3寒4温で春が近くなっているような実感があります。
この年になっても春はなんかウキウキするような気持ちになって
良いものです。
庭の紅梅も咲きだしました。
e0275078_09402488.jpg
生き物すべてが目覚める春は命の息吹を感じます。

さて先週は2日続けての演奏でさすがに疲れました


土曜日午前中は洋楽資料館へ・・・
津山が誇れる医学の歴史は素晴らしいです。
懇意にさせていただいている方の先祖の歴史とかが
特別展示されていました。
現在の方の7代前から続く医学の系譜はとても興味深く
読ませていただきました。 
e0275078_10073744.jpg
午後2:00からかふぇ花音で定期演奏でした。
今回はボーカルがなしで久々にwhiskymistで演奏しました。

今回は新しい曲をメインに演奏しましたが、
最近曲を取り込むのが意外と早くなりました・・
何故かと言うと多分譜面を読む力が増えて、その場で
読むことがかなり出来出したからかな・・・
以前は読みながら練習しても本番は中々読もうとしないで
感に頼って弾いてミスをすることが、多かったのですが
意外とその場で読めるので楽になりました。

e0275078_09343627.jpg
今回は妻のピアニカをハモンドのマイク付でアンプAC60に
入れてリバーブをかけての音出しです。
私はギルドのアーティストアワードをBingoで・・・
初めての組み会わせでしたが、結構アコースティックな良い音がしました。
後で録音を聴くとバランスよく入っていて良かったです。

偶然美作市の方がお茶を飲みに来られていて喜んでいただけました。

set list
1 冬の星座
2 雪の降る街を
3 Our spanish love song
4 Over the rainbow
5 Sunny
6 April in Paris
7 On the street Where you live

日本唱歌も2曲いれてみました・・・

久々に妻に吹いてもらい3人で演奏しましたが
いい感じで出来ました。
Sunnyだけは、ピアニカ抜きでやりました。



夜はJazz勉でした。
私はホストなので、自らの曲よりはほとんどが人の曲の伴奏でしたが
楽しくできました。

e0275078_09585350.jpg
な、なんと昼の花音に来られていた方がこちらにも聴きに
来てくださいました。ありがとうございます。
ジャズがとても好きだと言っておられました。

今回はやや少なめでしたが、最後は大盛り上がりで終わりました。
皆さんお疲れ様でした。


翌日日曜日は介護施設サンライズでのボランティアでの演奏でした。
久々にそろったブルームーンでの演奏です。
なんかみんな楽しそうに演奏ができていました。

e0275078_10111163.jpg
大勢のお年よりの方に聴いてもらいました。

set list
1 アマちゃんのテーマ
2 Take the A train
3 365日の紙飛行機
4 お嫁においで
5 ブルーシャトー
6 亜麻色の髪の乙女
7 高校3年生
8 北国の春
9 花は咲く
10 時の過ぎゆくままに
11 北酒場
アンコール
また逢う日まで

アンコールまでいただき大盛況で幕を閉じました。
夜はさすがに疲れていつもお世話になるラフィーネで
マッサージをしてもらい家でゆっくりしました。


さて皆さんから好評をいただいているシリーズです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私のギター遍歴第4話

東京で2年目の春 
後輩からはがきが届き 知り合いにギター大好きな奴がいて
私の事を話すと会いたいと言う事らしい。

西荻窪にギターを抱えてイソイソと出かけて行きました。
西荻窪は津山高校出身の同級生や後輩やらが沢山生活していて
とても懐かしくて楽しい場所でした。

連れて行かれた汚いアパート そう後々まで歌に歌われたあの喜楽荘・・
隣の爺さんが猫を沢山飼っていて臭い・・・

そこでT君と初めて会いました。

音楽に言葉はいらない・・・・その場でブルースセッションを・・
意気投合した二人はその場でバンドを結成してしまいます。

T君は滋賀の進学校膳所校出身で周りにも同級生が沢山いました。
一時期は津山高校対膳所校でソフトボール大会や麻雀大会をしたこともあり
楽しい学生生活でした。
(よくよく考えるとその頃から企画とかするのが大好きだったなー)

その翌月くらいにT君は友達を連れて私の神奈川のアパートに
遊びに来ました。それがO君です。
O君は北海道出身でやはり音楽大好きでした。

ここに3人で結成した Lost City Mutts と言うバンドが出来上がりました。
3人ギターで私は主にギターだけでしたが、思い切りリードギターが弾けて
楽しい事ばかりでした。

バンドの中で3人ギターは変化してエレキギター(私) 
生ギター(当時はそう呼んでいた)T君
Bass O君となりました
(いつの時代もギターが下手な奴がベースをするが
ビートルズは逆で一番楽器がうまいポールがベースを
やったのが良かったのかも・・・)

私の初めてのエレキギターは私の弟かの戦利品で
グレコのレスポールでした。

このレスポール今から10年ほど前に友達に譲ったのですが
しっかりUsedで転売されていて何故かその画像がこの企画で
グレコ レスポール でPC検索をしたところ発見しました。
10年ぶりのご対面となりました。
但し今から7年ぐらい前のキャッシュなので現在はもうないと思います。
その写真がこれです。
e0275078_11184830.jpg
e0275078_11183772.jpg
そして私が学生時代に弾いている写真がこちらです。
e0275078_11215584.jpg
この写真は当時自主製作レコードを作成しようと
スタジオで録音をしているところです。
左から私 T君 O君 高校の同級生でミキサーのできる
K君(広島からつれてきた・・・)

そんなこんなでこのグレコのギターにはとてもお世話になりました。
レコードにもレスポールらしい音が入っています。
e0275078_11204218.jpg
                カッコを付けて・・・


今では考えられないが当時自主製作でもレコードを出す事は画期的な
事で金額的にもかなりの負担がありました。
一回のプレス料金がかなりかかって最低枚数の100枚限定と言うことで
制作しました。
東京の夢が詰まったアルバムです。
それはまた紹介するとして、このレスポール最後は音が出なくなりました。
多分接触不良だと思うけど・・・

「ありがとうレスポール 君と出会って私はエレキギターを弾くことに
目覚めました・・・」
アコースティックと違いチョーキングも楽にでき又歪ませてロックも
やるようになり演奏は、どんどん変化して行きました。

さて東京で4年目の春
T君は就職が決まり東京から地元へ帰って行きました。
その代りにT君の弟が上京してきて一緒にバンドをやるようになりました
Ferry and Mutts と言います。
直訳するとフェリー(船)と野良犬たち 
実はLost City MuttsのMuttsはスラングで野良犬を意味しました。
「失われた街を彷徨う野良犬たち」 
と言う意味合いでT君がつけたバンド名でした。

弟はCripple creek ferry と言うなまえのバンドでこれは
沈みかけた渡し船を意味するするらしい・・・
Cripple はあまり良い言葉に使われないみたいですね
身体の不自由な人とか(かなり差別的なようです)
Niel young の曲にCripple creek ferryという歌があり
そこから命名したみたいです。

その二つが合体したと言う事でFerry and Mutts と言う
名前で演奏活動をやっていました。
e0275078_11413837.jpg
この写真は神田にあったチャップリンと言うライブハウス
に出ていた頃の写真です。
左が私で右がT君の弟M君です。

この頃はM君のオリジナル曲を中心にボブ・ディランやザ・バンド
などの曲をやっていました。

当時の”ぴあ”とか”シティロード” と言う情報本に
名前が載った時は嬉しかったなー・・・
ライブハウスは基本的にオーディションがありあちらこちら
受けに行っていました・・・

この頃の使用ギターはYamahaのセミアコSA1000を友達から借りて
使用していましたがこのギターは名器です!
e0275078_13185187.jpg
e0275078_13181345.jpg
まあ あまりギター経験のない当時素晴らしいと思った事が、
今でもそうかどうかはわからないですが、あれば手元に置いておいても
良いかなと思います。
ラリーカールトンやリーリトナーがギブソン335を流行らせた影響かな・・
ジャズからロックまで幅広く使えるセミアコはほんとに汎用性の高いギターでした。
ヤマハのSA1000はどちらかと言うとロックが似合う音でした。

結局このギターも友達に返し遂に念願のハービーのセミアコを買います。
このギターも前回のグレコのレスポールと一緒で同時期に知人に譲りましたが
今回パソコンで復活して写真が手に入りました 元私のギターです
e0275078_13330122.jpg
e0275078_13331415.jpg
e0275078_13332777.jpg
津山の某楽器店で今でも親切にしていただく方が委託品として
出されていたハービーのセミアコをお世話してくれました。
型式はわかりませんが、当時40000円で買った記憶があります。

その店員さんとのお話がどうだったか記憶がないのですが、
私はセミアコ・・・多分335みたいなのが、欲しいと言っていたのかも
知れません・・・たまたま出物があります・・・と言う事で・・
委託された方は誰かわかりませんがヤマハのフルアコ(これも名器です)
を買うからと言う事で委託していたみたいです。

まあこれでフュージョンが出来る・・・みたいな気持でした。

ジャズは結構好きでしたが東京に行って色々なジャンルをやりました。
しかし速弾きをするにはどうしたらいいのか・・・・
根本的に速い曲をマスターするのが、手っ取り早いと言う事で
ブルーグラスを結構やりました。
ブルーグラスのピッキングはハードなピックをがっしりと持ち弦をかなりの
強さで弾きます。
ドぐ・ワトソン クラレンス・ホワイト トニー・ライスなどの曲を
コピーしました。お陰でピッキングはかなり早くなりました。

そして東京で最後のバンド Y君とピョンヤンの嵐を結成しました(笑)
e0275078_14085743.jpg
吉祥寺にあったmisty と言うスタジオで練習をしていました。
と言うよりもステージはやってなくて録音をするために結成した
バンドでした。
右から I君(今では有名カメラマンとして活躍中)
Y君(現在某製薬会社の役員)
O君はLost Citty Mutts からの友達
そして私と左隣はオルガン担当のTさん
それに写真を撮っているM君で構成された ピョンヤンの嵐 です。

前日に西荻窪ロフトでライブのあった西岡恭蔵とカリブの嵐をパロッて
作ったバンドです。
西荻の夜を歌った めぐみ荘ブルース 哀愁の西荻 雄琴物語 など
パロディや替え歌を作って演奏して西荻の青春を記録しました。
e0275078_14203037.jpg
当時はまだ全国チェーンになっていなかった 居酒屋 庄やで毎日
飲んだくれていました。

e0275078_14232141.jpg
このマンションのところにあっためぐみ荘 津山高校と膳所校の
人達で毎日賑やかだった・・・

e0275078_14281709.jpg
今も建物が残る喫茶店オークです。
ここでも沢山の友達に出会いました。
サントリーホワイトのキープが1500円ぐらいかな・・・
ナスビのミートソースがとっても美味しかった・・・


そうして翌年みんな巣立って行きました・・・(つづく)










by misty_jazzlife | 2017-02-20 14:51 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。


釣りとJazzと山野草と蝶
by misty_jazzlife
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

フォロー中のブログ

最新のコメント

> 一観客さん まあボ..
by misty_jazzlife at 08:45
ハマちゃんお疲れ様でした..
by misty_jazzlife at 20:48
この間バンマスご苦労様で..
by バンマス at 14:21
コメントありがとうござい..
by misty_jazzlife at 08:34
先日のソロギターライブの..
by mifu at 18:07
potatoさん ありが..
by misty_jazzlife at 16:46
浜ちゃん コメントありが..
by misty_jazzlife at 09:13
確かにそぉいう人多いなぁ..
by 浜ちん。 at 16:26
ハマちゃんお疲れ様でした..
by misty_jazzlife at 08:47
いやー楽しかったでんなー..
by ハマちん at 11:43

メモ帳

最新のトラックバック

箱根・山のホテル
from dezire_photo &..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

川の流れに
at 2017-09-19 15:19
Secret Love
at 2017-09-12 13:37
Jump start
at 2017-09-04 13:51
Moonlight Sere..
at 2017-08-28 11:33
Over the rainbow
at 2017-08-21 14:56

外部リンク

ファン

ブログジャンル